三木道三の現在はマルチクリエイター!引退理由は病気&死亡説の真相!画像あり

推しアーティスト

三木道三の現在はマルチクリエイター!引退理由は病気&死亡説の真相!画像あり

記事内にはプロモーションが含まれます。

40歳代の方にとって、三木道三(みき どうざん)さんと言ったら、やはり「Lifetime Respect」のあのフレーズが頭に浮かぶ人が多いはず!

「一生一緒にいてくれや~♪」20年以上前の曲だね

今回の記事では三木道三さんの現在についてまとめます!

突然引退し、一時は「死亡説」まで浮上しましたが、現在は歌手、絵本作家、音楽ソフトの開発とマルチに活躍されていますよ^^

三木道三の奥さんが気になる!スリム美人?現在一児の父!プライベートを調査した記事はこちら

【画像】三木道三の現在は改名し【DOZAN11】に!音楽ソフト開発&絵本作家も

三木道三の現在と過去
引用元:日刊ゲンダイ

三木道三さんは2014年にDOZAN11(ドーザン イレブン)と改名し、現在は音楽活動の他、現在はアプリの開発絵本作家としても活躍しています。

【DOZAN11】に改名!由来や意味は?

DOZAN11には二つの意味が込められています。

  • プラスとマイナスを漢字にして「十一」の意味
  • 三木道三の活動で10まで行ったから今度は11からの意味

一つ目は引退後に自律神経のバランスを崩したとき、陰と陽プラスとマイナスのバランスを整えたいと思ったときに、

『+と-』で漢字の11になるからという理由。

二つ目は、またレゲエの世界に戻り、イチから再スタートではなく、以前の活動で10まで行ったから、今度は11からだと思ったから。

なのだそう。

『11』とは、とても意味が深い数字なのね!

現在の活動①音楽活動

三木道三さんの現在の活動1つ目はやはり音楽活動です。

自身もLIVEディナーショーを行う他、様々なアーティストとコラボしたり、テレビ出演も行っています。


歌番組にも出演していますね↓

【DOZAN11】三木道三のテレビ出演

ディナーショーに参加の様子↓

「山形音楽フェスティバル」など音楽フェスにも参加されています↓

【DOZAN11】三木道三のライブ出演
引用元:Instagram


現在の活動②音楽ソフトの開発

三木道三さんは現在、『PhotoMusic』という、画像をメロディーに変換するソフトの開発に音楽担当として関わっています。

弟さんと他3人で開発し、すでに「PhotoMusic2.0」という名前でリリースされているようですよ。

彼(弟)が写真の色から音楽を作るソフトを作りたいと相談をしてきたので、よしやろう、となって始めました。色の研究を更に進めていた弟がソフトの基本となるアイデアを出して、音楽生成は僕が膨らませました。それとプログラムをしてくれる方がいて3人で作りました

https://finders.me/kqFQozIzMw

弟さんもいたんだね!

現在の活動③絵本作家

三木道三さんの現在の3つ目の活動は、絵本作家です。

【DOZAN11】三木道三の絵本・リディムくんとメロディーちゃん
引用元:Amazon

2021年に出版された「リディムくんとメロディーちゃん」は韻を踏むように楽しく読める“ライム(=韻を踏む)絵本”

物語は双子の兄妹・リディムくんとメロディーちゃんによるラップの掛け合いのような会話で進んでいきます。

声に出して読むことで子供の読む・話すスキルが身に付くようになっているようです。

本の内容はこちら↓

リディムくんとメロディーちゃん 単行本 2021/12/22
三木 道三 (著), ロブ キドニー (イラスト)

“ライム絵本"で、ラップするみたいに読んでみよう!
リディムくんとメロディーちゃんはどこかの町で住んでいる、仲良しの双子兄妹。彼らの楽しい日常がラップ絵本になった!
『Lifetime Respect』で一世を風靡したレゲエシンガー、三木道三と、ビビットな色彩と愛らしくもどこかストレンジな作風が人気のアーティスト、ロブ・キドニーがタッグを組み、楽しく声を出してラップする様に読める絵本をつくりました。
音楽にちなんで、絵本の大きさは7インチのシングルレコード盤サイズ。さらにカバー中央は円形にくり抜かれて表紙の絵柄がのぞく仕様に!

引用元:Amazon

「Lifetime Respect」で一世を風靡し、一躍時の人となった三木道三さんでしたが、ヒットから1年後の2002年に突然引退してしまいます。

三木さんにいったい何があったのでしょうか。

三木道三が引退した理由は病気!死亡説はガセ

三木道三さんが2002年に突然引退した理由は自身の体調不良でした。

突然引退したので、一時は死亡説まで浮上していましたが、それはガセだったようですね!

引退した理由は

  • 過去の交通事故の後遺症で体調不良
  • 事故での手術をやり直したかった
  • 逆流性食道炎
  • 帯状疱疹
  • 自律神経の不調

など、様々な体調不良の要因が重なったようなんです。

心境の変化もありましたが、ツアーしてても交通事故の後遺症とかでドンドン身体がよくなくなっていったから、一度時間をかけて体調を整えたいな、と。手術をやり直したり。しかし、その後も復帰しようというタイミングとかで逆流性食道炎帯状疱疹自律神経の不調とかいろいろありました。

週刊PRIME

相当大変ったんですね・・・。

あまりにもいろんなことが続くから、占いにも行き、「生霊がついてる」と言われて、お祓いもした、

と笑ってインタビューに答えていました。

笑って話せちゃうところが三木道三らしいというか・・・。

三木道三の壮絶な過去とは?交通事故に遭っていた!

夜中の猫の写真

実は三木道三さんには壮絶な過去がありました。

1994年の24歳・アメリカ留学中、砂漠で車の横転事故に遭っているのです。

LAからラスベガスに行こう、と。そこで交通事故に遭ったんです。歯は3本なくなったし、(ひざの)皿は割れているし、つま先は複雑骨折しているし、肩は打撲で動けないし。満身創痍ですよ。手術待ちの期間に、友だちが自殺したっていう話も聞いて……。僕もボロボロだったから、 しばらく知らされなくて。飯を食いに松葉杖で行くんですけど、泣けてくるわけですよ。でも、松葉杖やから目もふけないし

Yahoo!ニュース
砂漠の写真

想像を絶する大事故だったということがわかりますね。

その後何度も手術をして、顔の骨に腰骨も移植したそうです。

生きていたのが奇跡というくらいの大事故ね

医者には『こんな事故だと8割は死んでる』って言われた
『人生いつ終わるか分からん』と強烈に思い、活動の速度を上げていった。

と話す三木道三さん。

そんな壮絶な過去があったことを知る人は少ないのではないでしょうか。

それを考えると、「Lifetime Respect」の歌詞の意味深さも変わってくる気がしますよね。

こんな大きな事故だから、後遺症も相当なものだったでしょうし、突然の引退につながったというわけですね。

三木道三の奥さんはスリム美人って本当?子供は一人で別れたという噂の真相についてはこちらの記事で




三木道山【DOZAN11】のプロフィール

若い頃の三木道三

生年月日

  • 1970年生まれ
  • 53歳 

※2023年12月現在
※誕生日は非公開

ちなみに誕生日が2月12日という情報もありますが、それはガセで本人が否定しています↓

2023年3月6日の日刊ゲンダイの記事に、53歳とありますので、1970年生まれは本当のようですね↓

ミュージシャン・三木道三改めDOZAN11(53)が6日までに自身のインスタグラムを更新し、現在の姿と近況を報告した。

日刊ゲンダイ

出身地

奈良県生駒市

本名

三木真一(みき しんいち)

三木道三さんの名前の由来は、奈良県出身の武士、斉藤道三(さいとう どうざん)からとったとのこと。

力道山ではなかったんですね!

出身大学

東京産業大学外国語学部英米語学科

三木道三さん改め、DOZAN11の活躍にこれからも注目していきます。

関連記事




  • この記事を書いた人

すみれ

エンタメ大好き山梨移住4年目、40代の2児のママ。山梨情報や子育て、時にテレビやネットニュースで気になる情報を独自視点で掘り下げます。

-推しアーティスト